-OUR FORMULA-
有喜屋のこだわり

-FUTURE-
有喜屋のそばを
日本一にしたい

有喜屋のそばを日本一にしたい。

有喜屋では日本一にこだわり、目指しているからこそ生まれる、
たどり着けるものがあると考えています。
それは有喜屋が打ち手として日本一となる譲れないこだわりです。

1970年代、京都には手打そば屋がほとんどありませんでした。
もちろん、そば屋自体は存在しましたが、
「京都にそばを食べる文化」がありませんでした。
というよりも歴史上、「そばを食べる必要」がなかったと言う方が
正しいかもしれません。

その昔、幕府は江戸、天皇陛下は京都御所におられました。
1000年以上都があった京都には、白米をはじめとした五穀や高級食材などの食べ物があふれており、
そばは地味で雑草に実がついたような「雑穀」であるという意識が、
庶民の中にあったのかもしれません。
一方で北関東や東北は全体的に寒いため、作物が育ちにくい環境でした。 
東日本でそばが普及したのは、どんな土地に蒔いても育つという
大きな利点があったからでしょう。

三代目店主 三嶋吉晴が京都に帰ってきたのは1980年のことです。
そんな時から、三嶋は誰にからかわれても、
「京都のそば文化を日本一にしたい」
その想いだけでここまでやってきました。
ほんまもんの京都そばをつくるため、京都に蕎麦畑までつくりました。
この想いはもちろんこれからも続いていきます。
今では、手打そば屋さんは京都でも珍しくなくなってきたように思います。
京都のそばの歴史を知っていただき、有喜屋の、
三嶋の、哲学を感じていただきながら
是非 有喜屋の手打そばを食べていただきたいと思います。


-UKIYA SOBA=MISHIMA-
黄綬褒章・国の現代の名工
三嶋吉晴のそば

有喜屋のそばの一番のこだわりは、
三嶋吉晴本人、あるいは三嶋自身が認めた職人が
打った手打そば以外は提供していないということです。
一流の素材や水を使うことは、日本一を目指しているそば屋である限り、当たり前のことだと考えます。
私達同様、他のそば屋さんでも良い物を使われていると思います。
だから、あえてここで有喜屋のそばのこだわりを語るとするなら、
三嶋の認めた 作り手としてこだわったそばだけを出している、ということになります。

三嶋吉晴公式サイト


三嶋吉晴の蕎麦


-GENUINE-
真の京都そばづくり

真の(京都そば)づくり

意外と知られていませんが、有喜屋は100%国内産のそば粉を使用している数少ないそば屋です。
北海道幌加内産をはじめ京都産など、国内産の厳選された材料を使用しています。
三嶋は京都のそば文化を日本一にするために、地産地消にこだわり、京都に蕎麦畑を持つところにもこだわっています。
京都産のそば粉を使用した“真の京都そば”、是非お召し上がりください。



うきにゃんを探せ!